営業職

営業の仕事は「試合の流れを作る」こと。

自分とお客様との環境や状況を把握して、「何をすべき?何が必要?」等々、ビジネスの戦略図を描く仕事をします。 お客様やメーカーとの交渉では最前線に立ち、自分で決めた方法で仕事を進めていきます。
最も大切なことは、常に相手の立場に立ち、何が一番大切かを常に考え、意識して行動すること。それをベースに、 自分の技術的な知識やセンスを駆使して、商品の価値を認めてもらいます。自由度が高い分、責任も大きいですが、成功した時の達成感は何物にも代えられません。

営業職をフィールド上で表現

技術職へ