仕事内容・事業分野共創 Create

お客様に最適なソリューションを提供するため
営業・技術・スタッフ・一般事務が共創する
これがたけびしのワークスタイル

営業職

営業職はお客様との窓口となる重要なポジションです。お客様の要望をしっかりと聞き、仕入先や当社の技術者を巻き込みながら、最適なソリューション提案を行うことが求められます。そのためにも、常に相手の立場に立ち、何が一番大切かを考え行動することが必要です。商品知識や専門知識はもちろん重要ですが、それだけでなく『自分自身』を売り込むことが、非常に大切です。

技術職

商社の技術職は技術力とコミュニケーション力の二刀流が必須です。営業職が掴んできたニーズや課題に対して、技術者の立場からベストなソリューションを導き出す力、ニーズに合った商品を開発する力。そして時にはお客様の元へ直接足を運び交渉する力が求められます。当社のソリューション活動の中核を担う重要な役割です。

一般事務職

当社の一般事務職は、営業職や技術職のサポートを行う、縁の下の力持ち的な役割を担っています。受発注処理や見積・資料作成などの業務はもちろん、直接お客様とやり取りを行い、納期の調整などを行うこともあります。様々な業務がある中で優先順位を見極め、スピード感を持って対応することが大切です。

スタッフ職

より良い職場環境を作るため、全体を把握しながら会社を管理します。スタッフ職といってもその内容は、人の調整(人事)・モノの管理(総務)・お金の管理(経理)・会社の将来像の計画(企画)など多岐にわたります。社内と社内、社内と社外をつなぎ、事業がスムーズに進められるように、調整や組織の課題解決を行っています。


なぜ技術商社に「共創」が重要なのか?
お客様のニーズも、それに対応する製品も
無数に存在する現代だからこそ
チームメンバーの知恵をあわせて
ベストなソリューションを
たけびしは、電機・エレクトロニクスの技術商社として、数多くの産業用電機製品を取り扱いながら、幅広い業界(企業)を支えています。その中でも、当社では 『営業の提案力だけでなく、自社の技術者と力を合わせ、お客様のニーズに応えていくこと』を大切にしています。様々なニーズや課題が存在する現代では、それと同じ数だけ解決策(製品)があります。それらに当社独自の技術的な付加価値を加え、課題に合ったソリューションを提供する。これが技術商社である“たけびし”だからできるビジネススタイル(共創)です。
リクナビでENTRY