Loading...

社会インフラSocial Infrastructure

エアコンプレッサドレン水処理装置[ドレントーレ]

エアコンプレッサ専用ドレン水処理装置(清水化装置)

特徴

  • 電源不要の省エネルギータイプ。
  • 場所をとらない(業界一小型)シンプルタイプ。
  • 高度に乳化(エマルジョン化)したドレン水にも対応可能。
  • 地域による厳しい基準にも十分対応可能。
  • 特殊処理した独自のフィルターを使用。(特許第4064157号)
  • 長期に渡り安定した性能を発揮。
  • フィルター交換は、約3年。
    (油分濃度150mg/L(ppm) 10時間稼動/日、年間コンプレッサー稼動日数250日で算出)

効果

処理水の油分濃度 5mg/L(ppm)以下
(ノルマルヘキサン抽出物質、水質汚濁防止法基準値)

仕様

  • 適応コンプレッサ: 11kW(総合計)以下~150kW(総合計)以下
  • 最大処理能力: 2L/時間~36L/ 時間
  • 全処理量: 約12,600L~約150,000L(150mg/L(ppm)時)
  • サイズ(W×D×H): 214×237×820mm~635×610×1,080mm
  • 重量: 15kg~170kg

MENU

産業機器システム
半導体・デバイス
社会インフラ
情報通信
オリジナル商品