Loading...

社会インフラSocial Infrastructure

省エネ照明機器

地球環境を考えた最新技術を満載したエコロジー時代の省エネ・照明器具

特徴

  • 器具インバータ化と高効率ランプの採用で、大きな省エネ効果。
  • 電気代が大幅に下がるので、ライフサイクルコストも大幅削減。
  • 照度センサや人感センサを活用すれば、ムダな照明電力をカット可能。
  • 省エネ・長寿命・環境配慮のLED光源もラインナップ。

効果

インバータ式照明器具で、同じ明るさで20-30%の電力を節減。(従来型器具比)

高出力45W形P2定格(5~100%)連続調光、窓のある部屋、1日10時間点灯の場合の例。
太陽光利用など省エネ効果は諸条件により異なります。
昼光利用の省エネ率は、窓高さ1.7m、奥行き12.8mの部屋において器具2列+2列+2列の8ゾーンで調光した場合の例で計算しています。
昼光率は「CIE標準器天空に基づく昼光予測の簡便図解法」により算出しています。省エネ効果は諸条件により異なります。
トータル省電力率T%は、例えば高効率器具の採用と初期照度補正による場合は、T=32%+(100%-32%)×12.5%=40.5%として求めています。

MENU

産業機器システム
半導体・デバイス
社会インフラ
情報通信
オリジナル商品