Loading...

社会インフラSocial Infrastructure

緊急地震情報配信サービス

緊急地震情報配信サービス「MJ@lert(エム・ジェイ・アラート)」

あなたの周りの大切なものを守るため、1秒でも早く

気象庁が発表する緊急地震速報に基づいて大きな揺れの到達予測時刻や予測震度を専用端末を通してお知らせする情報配信サービスです。大きな揺れが到達するまでの時間的余裕を得ることで、身の安全を確保したり、企業の事業継続のための適切な対策を図ることが可能となります。

地震情報配信サーバから、お客様がいる地点での大きな揺れの「到達までの余裕時間」と「予想震度」情報をお客様の専用受信装置へ向けて発信します。

MJ@lert地震情報配信サーバから、お客様がいる地点での大きな揺れの「到達までの余裕時間」「予想震度」情報をお客様の専用受信装置へ向けて発信します。

※1
震源の位置によっては情報が間に合わない場合があります。
下段の「重要事項」もご覧ください。
※2
気象庁発表の「緊急地震速報の先行的な利活用に関する手引き」もご確認ください。

御提供サービス

緊急地震情報配信サービス「MJ@lert」は、以下のサービスを標準でご提供します。

気象庁緊急地震速報配信サービス

気象庁の緊急地震速報をJFEシステムズが24時間365日管理するデータセンター内のMJ@lert配信サーバを通じてお客様に情報配信を行います。

受信装置の死活監視サービスオプション

数秒間隔で受信装置の稼動を監視しています。不具合が発生した場合は状況確認の上、メールその他の方法でお客様にご連絡します。

専用ポータルサイトでのコンテンツ配信およびお客様毎の各種設定機能のご提供

全国の地震速報情報を即時更新しています。その他お客様アカウントでログインいただくと情報配信の閾値設定、訓練モード設定、配信ログ確認、不具合情報確認など各種設定機能をご利用いただけます。

気象庁申請のご支援 緊急地震速報専用回線のためのプロバイダのご紹介

※ISDN回線をご希望の際は、株式会社NTTPCコミュニケーションズを通してMJ@lert専用の担当が回線の手配を行います。詳しくは担当営業にお問い合わせください。NTT初期工事費用、月次費用はお客様のご負担となります。電源コンセント(アース付コンセント口4個必要)は、お客様にてご準備ください。

緊急地震情報配信サービス「MJ@lert」は、様々なシーンで利用されています。

工場でのご利用

製造ラインの緊急停止や、ガス、薬品等危険物の緊急遮断など、製造設備の保全や二次災害の防止に利用されています。

建築現場でのご利用

高所作業者の落下防止のため地震発生を通知したり、重量搬入作業の一時中断など建築現場の安全確保に有効です。

病院でのご利用

医療行為者へ通知することで医療行為を一時中断したり、器具の飛散防止など、患者の安全確保に役立ちます。

オフィスビルでのご利用

閉じ込み防止のためにエレベータを緊急停止したり、避難道確保のために自動ドアの開閉やセキュリティゲートの緊急開扉などオフィスビルでの利用が進んでいます。

緊急地震情報配信サービス「MJ@lert」は、様々なシーンで利用されています

重要MJ@lertサービスご利用にあたって
  • 当サービスは一秒でも早く地震発生情報を配信することを優先するため、気象庁が地震を検知してから地震情報配信までシステムが全自動で運用することから誤報などがあり得ます。また、震源のすぐ近くでは、速報が間に合わず、大きく揺れるまでの余裕時間がない場合があります。
  • 本サービスのご利用申し込みにあたっては、別途定める利用約款をよくお読みのうえ、お申し込み下さい。
  • 万が一、地震による損害や作動不良に関連して生じた損害につきましては、賠償責任を負いかねますので、予めご了承下さい。

MJ@lert、MBBNETは三菱スペース・ソフトウエア(株)の登録商標です。
その他記載されている会社名、製品名は各社の商標及び登録商標です。

MENU

産業機器システム
半導体・デバイス
社会インフラ
情報通信
オリジナル商品